ZSNESのダウンロード方法と評価

2010年02月03日

ZSNESは昔からある再現性の高いSFCエミュとして有名です。グラフィックパック等の特殊系には対応していないですが、チートを入力する事が出来ますしオンライン対戦も出来ます。

公式 ZSNES Home Page – Downloads
バージョン ZSNES 1.51
ファイルサイズ 624KB
対応OS Windows / Dos / Linux
ファイルタイプ ZIP圧縮

ZSNESの詳細解説

ZSNESは昔からある再現性の高いSFCエミュとして有名でしょう。途中からWindows版も作成されるようになりましたが、扱いづらくWindowsと相性が悪く思います(バグが起きやすい)。

設定項目はいくつかありエミュレーション全般で快適な設定を見つける事が出来るでしょう。グラフィックやサウンドは一般的なサイズ変更やビットレートぐらいですが十分です。

グラフィックパック等の特殊系には対応していないですが、チートを入力する事が出来ますしネット対戦も出来ます。Snes9xで対応していないゲームがこちらでは動いたりしますが、あえて選ぶ必要は無いと思います。

ROMやBIOS管理の注意

ゲーム機本体からBIOSを吸い出すことやゲームソフトからROMイメージを吸い出して個人で遊ぶ方法は問題ありませんが不特定多数の人にROM/BIOSデータを配布することは禁止されており絶対にやらないでください。ダウンロードやアップロードも同様に手を出さないようお願いします。

また、心配される方もいますがエミュレータ本体には違法性はありませんので安心してください。

エミュレータ対応の実機コントローラー紹介
PCで使えるGCコン! ホリ製クラシックコントローラー
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。Switchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。連射機能を搭載しておりエミュレータに最適。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコン上で認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。エミュレータで遊ぶならDUALSHOCKシリーズ安定。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。