ワンダースワンエミュレータの解説評価 PC版

2010年02月03日

海外で知名度の低かったゲーム機はエミュレータ開発がどうしても遅れてしまいますね。最近になり遊べるようになってきました。

2010年の記事です。HTML→Wordpress移行作業中ですのでしばらくお待ちください。

Oswan
ワンダースワンエミュ: Oswanの起動画面
性能:
★★★★☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows/Mac/Linux
機能:
サウンド/ゲームパッド/セーブステート
●Oswan公式サイト

Oswan(改造)は9割以上のゲームソフトに対応した高い互換性を誇るワンダースワンエミュで、他にはないセーブステートに対応していることが特徴です。本家のソースコードが公開されているため日本人の方が改造に取り組みました。

バグフィックスや再現性の向上、本家で完全ではなかったセーブステートも搭載され楽しく遊ぶことができます。日本語でやり取りできることからも一番期待できるエミュではないでしょうか。

エミュレータ対応の実機コントローラーまとめ
ゲームキューブコントローラー USB接続
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。連射機能を搭載しておりSwitchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコンでも認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。

WSCamp
ワンダースワンエミュ: WSCampの起動画面
性能:
★★★★☆
コスト:
フリーウェア
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド
WSCampアイコン
●WSCamp公式サイト

一時期までWSCampは完成度が高くサウンドに対応している唯一のワンダースワンエミュでした。開発終了していますのでOswanに抜かれてしまった部分もありますが、グラフィックやサウンドの品質は今でも高いと思います。

特に設定しなくても動作するので扱いやすくコントローラーにも対応していますが、セーブステートなどの便利機能が搭載されていないことが惜しい点です。


Cygne
ワンダースワンエミュ: Cygneの起動画面
性能:
★☆☆☆☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
なし
Cygneアイコン

Cygneはサウンドに対応していませんがゲーム動作数は比較的多く、動作も軽いワンダースワンエミュです。OswanやWSCampなどの再現性が高い強力エミュに押されている感はありますが、作者によるとサウンドに将来的に対応予定のようですし気長に待ちましょう。

WS(ワンダースワン)はバンダイが発売した携帯型ゲーム機です。ゲームによっては縦向きに遊べるようにボタン配置がされている。携帯型ゲームとしては当たり前になった通信機能も搭載されています。カラー化するタイミングを先越されたのが敗因か。