Wii Uエミュレータの解説評価 PC版

2021年02月07日

Wii Uが発売されてから3年後。エミュレータが登場するのはまだまだ先かなと思っていたある日、突如Wii Uがパソコンで動くかもという報告を耳にしました。まさかこんなに早く!?はい、そのまさかです。

市販ゲームソフトがいくつも動作するという怪物エミュレータが現れました。最近はゲーム機をすぐに解析してしまう達人がいらっしゃるから凄い話ですよね。2010年以前よりも今の方が活発的だと思います。

エミュレータ 再現性 起動率 BIOS プラグイン 日本語 簡単設定 RetroArch
Cemu ★★☆ ★★☆ 不要 不要 O X
Decaf ★☆☆ ★☆☆ 不要 不要 X X X

Cemuのレビュー

起動画面
Cemu起動画面
再現性 ★★★★☆
コスト フリーソフト(無料)
※月5ドル支払うと少しだけ優遇されます
対応OS Windows
推奨CPU Intel Core i3 10100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
AMD Ryzen 3 3100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
推奨GPU NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti以上
※軽いゲームならAPUでも可
※Intel内蔵GPUは非対応
メモリ 16GB以上
機能性 再描画: ReShade
光源補正: Ray Tracing
4K/8K出力
日本語 一部だけ対応
BIOS 不要
プラグイン 不要
RetroArch 非対応
エミュ公式  Cemu公式サイト

Wii U発売から3年後に突如登場した最強のエミュレータです。当初から市販ゲームソフトがいくつも動作しており完成度の高さに多くの人が驚きました。

レイトレーシング機能を実装していることが大きな特徴でパソコンスペックに自信があるならば実機を超えるグラフィック再現も可能となります。

必要スペックは実はそこまで高くない

気になる必要スペックですがWii U本体がそれほど性能重視していない構造なためエミュレータも4コアCPU程度で十分です。PS3/PS2/Wiiが快適に遊べるパソコンをお持ちならグラフィックカードを少し強化するだけでも問題なく動作すると思います。

CPU/GPUの他にストレージ速度も重要でHDDでは読み込み速度が間に合わないことがあります。SSDをサポートしているならばHDDに比べて割高になりますがぜひ取り付けておきましょう。

クリア確認済み動作リスト43%

2021年2月時点の公式動作リストによると完全動作が10%、いくつかバグはあるけどクリアまで遊べるゲームが33%と報告があり、合計43%のゲームが動作するようです。

リストを見ていると海外のゲームが多く対応していることに気が付くと思います。日本のゲームが消極的な対応なのはおそらくパトロンの関係かもしれません。

金銭的支援は凄いんです

Cemuではパトロンによる支援も募集しており、現在828人のメンバーが作者を支援することで月々3,252ドル(おおよそ34万円)の収入があるみたいです。※もちろんエミュレータ自体はフリーウェアなので安心してください。

日本では寄付や支援はあまり馴染みない文化ですが解析のためのゲームソフトを買いそろえるだけでも単純にお金がかかりますし開発者のモチベーションにも繋がります。

エミュレータ開発がお金になるとは面白い時代になったものです。彼のような天才的なプログラマーなら留まる所を知らないでしょうね。

Decaf

再現性 ★★☆☆☆
コスト フリーソフト(無料)
対応OS Windows/Linux
推奨CPU Intel Core i3 10100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
AMD Ryzen 3 3100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
推奨GPU NVIDIA GeForce GTX 1650以上
※2Dや軽い3DゲームならAPUでも可
メモリ 16GB以上
日本語 非対応
機能性
BIOS 不要
プラグイン 不要
RetroArch 非対応
エミュ公式 Decaf公式サイト

オープンソースで開発進行しているプロジェクトで現在いくつかの市販ゲームソフトが動作します。Cemuが最強すぎてこちらをサポートする人が少ないのが実情ですがそれも仕方ないことですね。

一般的に最初はCemuのようなクローズドで活発的に開発が行われますが一人で10年以上続けるられる人はそういないでしょう。そうなると次はオープンソースのエミュレータを複数のチームで開発するようになります。

Decafが本気を出すのは10年単位の長期で見た場合でしょうね。現在の仕様では動作が不安定になるときがあり1~2時間経過するとクリティカルエラーが発生します。

Wii U本体のスペックと成り立ち

PlayStation 2本体の画像

CPU IBM Espresso 3コア 45nm
GPU AMD Radeon HD4000系?
メモリ 2GB

2012年12月8日に発売されたWii U(ウィー・ユー)は任天堂が開発販売した家庭用ゲーム機です。DS→Wii→3DSと勝ち続ける任天堂が作る次世代ハードに多くの注目が集まりました。

結果だけみると失敗…なんでしょうか。最初から売れ行きが悪く1年半後に登場したPS4にスペックも完全に負けており諦めムードが漂います。

任天堂ソフトによる名作はいくつかありますがこのまま終わるのかな…そんなときSplatoonとマリオメーカーが登場して爆発的な売り上げを記録しました。

しかしながらWii Uは生産終了まで一年とわずかまで迫っており、これから売上を伸ばしたとところで限界があります。前世代のWiiや3DSが凄すぎたことも敗因の一つかもしれません。

エミュレータ特化の実機コントローラーまとめ
ゲームキューブコントローラー USB接続
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。連射機能を搭載しておりSwitchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコンでも認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。