Wiiエミュレータ PC版

2021年02月01日

コツコツとWiiの解析を続けた結果、現在は96.1%のソフトが動作するようになった最強のエミュレータがDolphinです。ネットプレイも対応しておりゲームキューブも動作します。

Wiiの内部システムを解明することは難しく不可能だと言われていましたが発売から数年後には有志の方々からエミュレータの開発が開始されました。10年近く経過した現在ではかなりのWiiソフトが動作するようになっています。

ちなみにここでは紹介していませんがWii上で動作するエミュレータもあります。プレイステーションやスーパーファミコンもバッチリ動く模様。

Wii
エミュレータ
完成度 BIOS プラグイン 日本語 RetroArch
 Dolphin ★★★ 不要 不要 O O
 Ishiiruka ★★☆ 不要 不要 O O

Dolphinのレビュー

公式スクリーンショット
ゼルダの伝説 スカイウォードソード大乱闘スマッシュブラザーズX
再現性 ★★★☆☆
コスト フリーソフト(無料)
対応OS Windows/Mac
推奨CPU Intel Core i3 10100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
AMD Ryzen 3 3100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
推奨GPU NVIDIA GeForce GTX 750 Ti以上
※APU内蔵のVega 11でも十分に動作可
※Intel内蔵のUHD 630でも軽いゲームなら意外とOK
機能性 4K出力/ステートセーブ/プラグイン/チート/ネットプレイ
日本語 標準対応
BIOS 不要
プラグイン 不要
RetroArch 対応
エミュ公式  Dolphin公式サイト

Dolphinは元々ゲームキューブのエミュレータとして知名度が高く開発に一段落ついたことからWiiの解析にも乗り出しました。

初期の頃はWiiソフト特有のサウンド解析に難航しておりましたが、今では抜群の完成度を誇りWii実機を超えるグラフィック再現も可能なエミュレータへと成長しました。

エミュ公式動作リストによるとほとんどのゲームがサクサク動作してその数はなんと全ソフトの96.1%にも達します。Wiiコントローラーにも対応していてヌンチャクなどもパソコン上で擬似操作できます。

流行りのネットプレイにも対応

対応数もさることながらエミュレータ自体の安定性も高いためネットプレイをするならばDolphin一択でしょう。解析が難しいWiiやゲームキューブをここまでエミュレートしてしまう開発者は凄いですね。日本語に標準対応していて初心者でも安心できます。

Ishiirukaのレビュー

Ishiirukaの起動画面

再現性 ★★★★☆
コスト フリーソフト(無料)
対応OS Windows
推奨CPU Intel Core i3 10100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
AMD Ryzen 3 3100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
推奨GPU NVIDIA GeForce GTX 750 Ti以上
※APU内蔵のVega 11でも十分に動作可
※Intel内蔵のUHD 630でも軽いゲームなら意外とOK
機能性 ステートセーブ/プラグイン/チート/ネットプレイ
日本語 標準対応
BIOS 不要
プラグイン 不要
RetroArch 対応
エミュ公式  Ishiirukan公式 (Dolphin公式フォーラム)

Ishiiruka(イシイルカ)は名前から察する方もいらっしゃると思いますがDolphinから派生したアンオフィシャルなエミュレータです。もちろんWiiだけではなくゲームキューブも対応しています。

こちらはWindowsに特化させた代わりに古いパソコン環境もサポートしておりDirectX 9.0でも動作させることが可能で処理速度も速いことが特徴のエミュレータです。パソコンスペックに自信がない人はIshiirukaを使うと快適に遊べるかもしれません。

実機以上のグラフィック性能も可能

またグラフィックの再現性に力を入れており補間機能を使ってWii実機以上の画質を実現することも可能ですの。エミュレータ特有のグラフィック方法に不満がある方やゲームによっては再現が追い付いていない場合など改善される可能性もあります。(4K出力を可能とするため内部の解像度を大きくしているようです)

Wiiソフト対応率は開発速度が半端ない公式Dolphinには敵いませんがこちらのエミュレータも多くの強みがあるため両方使いわけることをお勧めします。

Wii本体のスペックと成り立ち

Wii本体の画像

CPU IBM Broadway 729MHz 1コア 90nm
GPU AMD(旧ATi) Hollywood 243MHz 90nm

2006年11月19日に発売されたWii(ウィー)は任天堂が開発販売した家庭用ゲーム機です。据え置き機で崖っぷちだった任天堂は失敗を生かしてWiiやニンテンドーDSでゲームソフトを開発しやすい環境を作り出し盛り返しました。Wiiの由来は「We」からきていて「ii」は複数の人間を意味しています。多くの人が一緒に遊べるようにと。

標準コントローラーはヌンチャク形式ですがもちろんクラシックコントローラーもあります。ゲームキューブと上位互換性だけではなくWiiには標準でエミュレータ機能が搭載されています。バーチャルコンソールで昔のゲームもダウンロードして遊ぶことが可能。

ROMやBIOS管理の注意

ゲーム機本体からBIOSを吸い出すことやゲームソフトからROMイメージを吸い出して個人で遊ぶ方法は問題ありませんが不特定多数の人にROM/BIOSデータを配布することは禁止されており絶対にやらないでください。ダウンロードやアップロードも同様に手を出さないようお願いします。

また、心配される方もいますがエミュレータ本体には違法性はありませんので安心してください。

エミュレータ対応の実機コントローラー紹介
PCで使えるGCコン! ホリ製クラシックコントローラー
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。Switchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。連射機能を搭載しておりエミュレータに最適。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコン上で認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。エミュレータで遊ぶならDUALSHOCKシリーズ安定。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。