Vita3Kの使い方

2021年04月20日

PS Vitaエミュレータの中で最も完成度が高いのはVita3Kです。公式によって確認されているゲーム起動率は2.3~8.5%とまだまだ低くショックを受けますが、実際に試すと意外と動くみたいです。

Vita3KはBIOS不要プラグイン不要で扱いやすい作りになっていますがROMイメージの吸い出しだけが初心者にとって難関ではあります。

2018年から開発を始めたエミュレータなので気長に待ちましょう。プロジェクトチームは現在2人で進行しており5年以上はかかると思われます。

Vita3Kのダウンロード方法と起動方法

ダウンロード方法

1) 公式サイトからVita3Kをダウンロードします。Windows版かLinux版をOSに合わせて選びましょう。解凍先はお好みでどうぞ。
Vita3K – An Experimental PSVita Emulator ※外部リンク

2) Vita3KはC++言語で作られているためVisual C++ 2015-2019が必要になります。(32bit OSには対応していません)
vc_redist.x64.exe (64bit/直リン)

3) 続いてPS Vitaをエミュレートするためにファームウェアをダウンロードします。ファームウェアとはBIOSに近い仕組みでソニー公式により配布されています。
PlayStation®Vita / PlayStation®Vita TVシステムソフトウェアアップデート ※外部リンク

※ファームウェアのインストール方法は後ほど記述します。

起動方法

Vita3Kをダウンロードしてお好みのフォルダに解凍したら「Vita3K.exe」を探しましょう。起動すると以下のようなメッセージが表示されます。

Vita3K 最初の起動画面
Vita3Kはオープンソースで作られており、まだ開発段階なのでフィードバックやテストを歓迎します。開始するにはファームウェアをインストールしてください。参考までに(( https://vita3k.org/quickstart.html :: 起動ガイド ))は公式にあります。
どのゲームに対応しているか動作リストを確認してください。(投稿は歓迎です!)

Discord:Vita3Kはこちらになります。またパトロン(金銭的支援者)も常時募集しています。
Vita3Kは著作権侵害を容認しません。必ずゲームソフトから吸い出してください。

Show next timeのチェックを外してCloseすれば次回から表示されません。ついでにCreate Userしてセーブデータを作成しておきましょう。名前は何でも構いません。

ファームウェアをインストール

Vita3K メニュー画面

次にファームウェアをインストールします。
※メニューが表示されない場合はカーソルを黒帯のところまで移動してみてください。

左上のタブFileからInstall Firmwareを選択して、先ほどソニー公式からダウンロードしたファームウェア「PSVUPDAT.PUP」を開きます。

おおよそ10~20秒ぐらいでインストールが終わり3.73バージョンのインストールが終わったと画面中央に表示されます。

ファームウェアはもう必要ないので削除して構いません。Delete the firmwareにチェックを入れると自動で削除してくれます。

メニューを一部日本語化

Vita3K 設定項目1

Vita3Kのメニューを一部だけ日本語化できます。
画面2番目の項目Settingsを選択したあとに画面中央に現れるStartで開始しましょう。

Vita3K 設定項目2

画面3番目のLanguageを選択すると多くの言語が表示されるページにたどり着きます。日本語はページ最上部にあると思います。
部分的なメニューだけ日本語化できますので少し使い勝手が若干よくなります。

準備:豊富なPS Vitaソフトを自宅で入手

最初にPS Vitaソフトを用意しましょう。中古の種類は楽天市場が最も多くいろんなお店の価格を比較できます。送料込み300円から購入可能。
PS Vitaソフトの中古価格を楽天市場で調べる

ソフトから吸い出すためPS Vita本体が必要になりますので店舗数が最も多い楽天市場で相場を比較してみましょう。7000円から購入可能。
PS Vita本体の中古価格を楽天市場で調べる

PS Vitaを改造してCFWをインストールすることで吸い出せるようになります。ROMの吸い出し方法は他ブログ様で詳しく紹介されています。

推奨PCスペック

Vita3Kはまだ開発中で最適化されていないこともあり現段階での推奨スペックはそこまで参考にならないと思います。
PS VitaはおおよそWiiに近いハード性能と考えられておりWiiエミュレータを動かすための必要なスペックを見ていくと分かりやすいです。

対応OS Windows/Linux/Mac
※64bit版のみ使用してください
推奨CPU Intel Core i3 10100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
AMD Ryzen 3 3100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
推奨GPU NVIDIA GeForce GTX 750 Ti以上
※軽いゲームならAPU内蔵のVega 11でも可
※Intel内蔵GPUは未調査

Vita3Kのレビュー

公式スクリーンショット
Vita3K スクリーンショット
完成度 ★☆☆☆☆
コスト フリーソフト(無料)
日本語 一部対応
BIOS 不要
プラグイン 不要
Vita3K公式  Vita3K公式サイト

誰も参戦しなかったPS Vitaのエミュレータ開発に最初に名乗り出たのがVita3Kです。2018年1月から開始されて5月時点でいくつかの市販ゲームソフトが動作するようになりました。

オープンソースで作られており、速度は緩やかではありますが誰でも参加できる特徴があり長期的に開発が継続することがオープンソースのメリットです。

現在はまだ開発段階ということでエミュレータ便利機能などは後回しにしてゲームソフト起動率の向上に専念しています。

ゲーム完走率は2.3%

Vita3K開発チームが作成したCompatibility Listによると2021年4月時点で2.3%のゲームソフトが開始からクリアまで不自由なくプレイできたと確認されています。

やや問題はあるがプレイできるゲームが6.2%、早い段階でバグが発生して進めなくなるゲームが7.6%あり開発がスタートしたばかりのエミュレータということが分かります。

※あくまで公式で確認されているリストですので実際にプレイした人の報告によると他にも完走したゲームがあるらしく試してみる価値はあります。

パトロンと開発者求む

近年のエミュレータ開発はパトロン(金銭的支援)を受けることでゲームソフトなど必要機材を取り揃えやすくなり昔より高速に研究が進むようになりました。

パトロンが多ければ多いほど機材が揃い作者のやる気も上がることで開発者も増えます。ユーザーにもメリットはありますが日本では寄付文化が浸透していないため国産ゲームソフトは後回しにされやすい理由もあります。

Vita3Kではパトロンがいまだ少なく他の活発的なエミュレータと比較するとPS Vita自体の人気のなさが伺えます。
BIOSやプラグインは不要でメニューも日本語化できるため特に難しいところはなく今後に期待できるエミュレータです。

ROMやBIOS管理の注意

ゲーム機本体からBIOSを吸い出すことやゲームソフトからROMイメージを吸い出して個人で遊ぶ方法は問題ありませんが不特定多数の人にROM/BIOSデータを配布することは禁止されており絶対にやらないでください。ダウンロードやアップロードも同様に手を出さないようお願いします。

また、心配される方もいますがエミュレータ本体には違法性はありませんので安心してください。

エミュレータ対応の実機コントローラー紹介
PCで使えるGCコン! ホリ製クラシックコントローラー
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。Switchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。連射機能を搭載しておりエミュレータに最適。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコン上で認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。エミュレータで遊ぶならDUALSHOCKシリーズ安定。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。