スーパーカセットビジョンエミュレータの解説評価 PC版

2010年02月03日

国内でもマイナーのスーパーカセットビジョンですが動作するエミュレータはすでにあり、マルチエミュレータを含めると2つ存在しています。

2010年の記事です。HTML→Wordpress移行作業中ですのでしばらくお待ちください。

eSCV
SCVエミュレータ: eSCVの起動画面
性能:
★★★★☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド
eSCVアイコン

スーパーカセットビジョン専用エミュレータでは唯一動作するのがeSCVです。開発者はunofficial nesterで有名な武田さんが開発しました。公式サイトのスクリーンショットを見てわかるようにほとんどのROMが動作しグラフィックの品質がとても高く思います。

サウンド関連の最終調整してるとのことですがほぼ完成と言ってもいいかもしれません。一応MESSというマルチエミュレータでもSCVが動作するのでそちらも試してみてはどうでしょうか。eSCVでプレイするには別途BIOSファイルが必要となります。

エミュレータ対応の実機コントローラーまとめ
ゲームキューブコントローラー USB接続
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。連射機能を搭載しておりSwitchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコンでも認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。

スーパーカセットビジョンの成り立ち

スーパーカセットビジョン(SCV)は1984年7月17日に販売された家庭用ゲーム機でエポック社が開発していました。この時期は家庭用ゲーム機の流行り始めでファミコンが販売されてからちょうど一年後のことです。エポック社はソフトメーカーとして有名ですがハードも作っていたとは全く知りませんでした。

当時としては他メーカーよりもハード性能が高くグラフィック面はとくに優秀でしたがサウンドが貧弱で同時に二つの音を出すことができなかった。コントローラーも使いにくい形状で任天堂は細かいところまで気が利いていたように思います。

ファミコンと同じ土俵では適わないのでアーケードゲームの移植で人気をだすつもりでしたがシェア争いでファミコンに完全敗北した。それもそのはず。アーケードはプレイしたことのあるゲームですがファミコンのソフトは誰もが始めてやるゲームで新鮮だったからだ。