Project64に絶対欠かせない7個のプラグイン(跡地)

2010年02月03日

2021年現在はグラフィックプラグインGLideN64とオーディオプラグインAzimer’s Audioの二つだけダウンロードしたら快適に遊べると思います。


以下は2010年の記事です。需要あるか分かりませんが残しておきます。

ここではN64エミュレータ用のプラグインを紹介しています。主にProject64、Mupen64Plus、1964、UltraHLE 2064で使えるプラグインです。mxmkitchenさんのサイトでも分かりやすく紹介されています。

グラフィック プラグイン

Project64標準のJaboでもある程度いける。互換性の問題もあって使えるプラグインは少ない。

glN64 0.4.1 ★★★★★ OpenGLによる描画方式を採用したプラグイン。非常に再現性が高く画質も良好。設定要らず。
Rice Video 6.1.4 ★★★★☆ 一部表示がおかしい時もあるが全体的に画質が綺麗で互換性も高い。動作は若干重め。

サウンド プラグイン

zilmarとazimerを使い分けるぐらい。標準は同期がうまくいかなかったりする。

DL:Azimer’s HLE Audio 0.56 WIP2 ★★★★★ 再現性が高く音途切れもしにくい高性能プラグイン。
DL:Azimer’s ILE Audio 0.50 beta 1 ★★★☆☆ 再現性や互換性を落として処理を速くしたILEバージョン。ゲームによっては強制終了することがある。
DL:TR64 Audio 0.1 ★★☆☆☆ 互換性はそこそこで再現性が高い。ノイズや遅れて聞こえるなど同期がイマイチ。

コントローラー プラグイン

結構重要。1Pにしか対応していないものもある。コントローラーを使うならN-Rage辺りがオススメ。

DL:N-Rage’s DirectInput8 V2 1.83 ★★★★★ 互換性が高い。コントローラーパックや振動パック機能に加えていろいろとカスタマイズできる。
DL:N64 Virtual Pad 0.51 ★★★★★ コントローラーパックや振動パックだけでなく、Kailleraにも対応している。