Project64 Netplayのダウンロード方法と簡易導入

2020年02月11日

1) 公式サイトからエミュレータをダウンロードします。下記のリンク先へ飛んで最上部にあるファイルを選択してください。https://pj64netplay-emu.ml/download.html

2) N64ソフトの吸い出し*専門知識
PS1/PS2のようなDVDドライブに挿入するだけで認識するハードとは異なりN64は吸い出す必要があります。下記のブログで手順を一つずつ詳細に解説されています。

3) 吸い出しが終わったらパソコンへデータを移して完了です。お好みのコントローラーを用意しましょう。

4) ゲーム特化型のチャットアプリDiscord:Project64を利用すると世界各地のプレイヤーと繋がるためネットプレイしやすくなります。

Project64 Netplayのレビュー

起動画面
Project64 Netplay起動画面
再現性 ★★★★☆
コスト フリーソフト(無料)
※Project64は有料
対応OS Windows
推奨CPU Celeron G5900以上 (3.4GHz 2コア4スレッド)
AMD Athlon 3000G以上 (3.3GHz 2コア4スレッド)
推奨GPU AMDは内蔵GPUでサクサク動きます
※Intel内蔵GPUでも動くけど非推奨
ゲームパッド
機能性 4K出力/セーブステート/ネットプレイ
日本語 非対応
※Project64は日本語対応
BIOS 不要
プラグイン 必要
RetroArch 非対応
エミュ公式1  Project64公式サイト
エミュ公式2  Project64 Netplay公式サイト

UltraHLE伝説に続いて第二の伝説を作ったエミュレータがこちらのProject64です。
10数年経過した今でもユーザー数が多いため設定方法で分からないことがあれば情報がたくさん転がっており初心者でも扱いやすいこともメリットの一つでしょう。

Project64 Netplayは名前の通りネットプレイに対応して公式最終バージョンである2.3.2ソースをもとに構築されました。GLideN64やAzimer’s Audioが標準搭載されてプラグインを別途用意せずとも快適に遊べることが特徴です。

基本的な部分はProject64そのまま受け継いでおり昔も今も変わらない高い完成度を持っています。

ネット対戦するならProject64シリーズ

描画の正確性では最近登場したParaLLElに先を譲り、また互換性の面ではm64pのほうが優位な位置にいますがネットプレイをするならばユーザー数が多いProject64シリーズをオススメします。(Mupen64シリーズと比較するとオンラインユーザー数に5倍近く差がありました)

ラグはそれなりにあるほうで反射速度が要求されるゲームで遊ぶことが難しい反面、長めの猶予を確保してあるため切断されることが少なく安定的なネットプレイが可能です。

※各種設定方法は時間があれば作ります。