PPSSPPの使い方

2021年04月22日

PSP本体とソフト集合

PSPエミュレータの中で圧倒的な完成度を誇るPPSSPPは90%以上のPSPソフトがクリアまで遊べることを開発チームによって確認されており、公式が作成した動作リストまたはユーザーが投稿した動作リスト(掲示板)を見てもPlayableやPerfectの文字が並びます。

PPSSPPはBIOS不要プラグイン不要という初心者にも優しい作りになっており、様々なOSで動作することが特徴です。また起動時に自動的に日本語化されてるため英語が苦手でも問題ありません。

PPSSPPのレビュー

公式スクリーンショット
メタルギア ソリッド ピースウォーカー
完成度 ⭐⭐⭐⭐⭐ 5/5
PSPゲーム動作率 90~95%
コスト フリーソフト(無料)
機能性 チート、ステートセーブ、ネットプレイ
日本語 自動対応
BIOS 不要
プラグイン 不要
RetroArch 対応
PPSSPP公式  PPSSPP公式サイト

2012年に登場して今も活発的に開発されている最強のPSPエミュレータ「PPSSPP」です。C++言語によって作られているためJPCSPより高速な動作が可能で互換性や再現性どちらも上回っています。

PPSSPPの必要スペックはそれほど高くはなくネイティブ画質で遊ぶならばオンボードで問題ありません。実機をはるかに超えた高画質で遊びたいならばグラフィックボードを用意しましょう。

動画内では「もしかしてVitaを超えた?」と記載がありますが実際に3xとFXAAを組み合わせるだけでも驚くほど綺麗になります。PPSSPPのグラフィック再現力の凄さが目で見て分かりますね。

ゲーム完走率は約90~95%

近年開発されているエミュレータは公式サイトに市販ゲームの動作リストが用意されていることが多く、PPSSPPも同様に簡単に確認できることがありがたいです。

開発チームが作成した動作リストまたはユーザーが投稿した動作リスト(掲示板)を見ると最初から最後まで問題なくプレイできた報告が多数寄せられ互換性の高さが分かります。おおよそ90~95%のソフトに対応しています。

また、数多くのプラットフォームで動作可能なPPSSPPは向かうところ敵なし状態。WindowsやAndroidなどメジャー所は完全対応してMac/BlackBerry 10/Symbianなどの比較的マイナーなOSでも動作することが驚きます。

初心者でも扱いやすい機能面

PPSSPPは自動的に日本語化されており簡単に設定できるところや、自動的に多くのゲームパッドを認識するなど初心者でも迷うことなく扱える作りになっています。

チートやステートセーブなどエミュレータ特有の機能も搭載しており、さらには2021年のアップデートでネットプレイも可能になりました。まだネットプレイは安定して対戦できるとまでは行きませんがPPSSPP作者の熱意には感動します。

BIOSやプラグインを必要としないところも使用者のハードルを下げてくれる安心設計です。

有料版と無料版の違い、PPSSPPの由来

公式ダウンロードページではゴールド版とフリー版がありますがエミュレータとしての性能に違いはなくゴールド版は寄付的な意味が強いです。聖人ですね。ゴールド版はアイコンがかっこよくなるので購入したら周囲に自慢しましょう。

PPSSPPの名前の由来ですが作者がサイトドメインを取得するときにPSPに近いワードはすべて取られており、ppsspp.orgしか余っていないためそれをエミュレータの名称として採用したとのことです。

推奨PCスペック

PSP発売当初は高スペックな携帯ゲーム機として名乗り出ましたが15年以上経過した今では普通のPCスペックでエミュレート可能です。

ただしアップスケーリング機能を利用して高画質で遊びたいならば750 Ti以上のグラフィックボードが推奨されています。

対応OS Windows Windows Linux Linux Mac Mac Android Android
※64bit版推奨
推奨CPU Intel Core i3 10100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
AMD Ryzen 3 3100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
推奨GPU NVIDIA GeForce GTX 750 Ti以上
※ネイティブ画質ならAPU内蔵GPUで可
※軽いゲームならIntel内蔵GPUでもOK
メモリ 8GB以上
※4GBでも可

PPSSPP導入手順

PPSSPP本体

1) 公式サイトからPPSSPPをダウンロードします。Windows/Linux/Mac/Androidなどのプラットフォームに対応しています。Downloads – PPSSP ※外部リンク

ゴールド版とフリー版の性能に違いはありません。ゴールド版のほうがPPSSPPアイコンの見た目が少しリッチになります!

Windows版にはzipとInstallerの2種類ありますが「エミュレータはインストールしたくない」という人はzip版を使用してください。

Zip版の場合はお好みの場所に解凍して「PPSSPPWindows64.exe」を選択したらエミュレータが起動します。32bit版のWindowsを使用しているなら「PPSSPPWindows.exe」を起動してください。

メニューを日本語化

PPSSPP 言語設定

PPSSPPはOS言語情報を読み取るため自動的に日本語化されるはずですが万が一されなかった場合は以下の方法で日本語化しましょう。

画面上部のメニュータブからGame settingsを選択して4番目のLanguageを選択してください。
スクロールしていくと真ん中あたりに「日本語」があります。JapaneseなのでABC順で探していくと見つかると思います。

PPSSPPの文字化け対策

日本語対応しているPPSSPPですが一部のゲームで文字化けしてしまうことがありました。エミュレータ側で使用しているフォントが対応していないことにより発生するバグですがPSP標準フォントを用意すれば解決します。

「PPSSPP original fonts」等のワードで検索すれば海外のサイトがいくつかヒットしますが著作権上の問題があるためなるべくダウンロードしないようお願いします。

有志の方がフォント作成に協力して2021年2月にリリースされたPPSSPP 1.11.2によって文字化け問題はすべて解決しました。

ROMイメージを吸い出す方法

PPSSPPでゲームソフトを読み込ませるためにはROMイメージを吸い出さなければなりません。PSP本体の改造してCFWをインストールすることで吸い出せるようになります。他ブログ様で詳しく紹介されています。

PPSSPPの設定解説

以下、PPSSPPのキー設定はWindows10(64bit版)を基準にして解説していきます。

キーの設定 (ゲームパッド)

PPSSPP キーの設定1

メニューの上から順に設定していきますので最初はゲームパッドの設定から行います。
画面の上部にある「ゲームの設定」タブから「キーを選択する」をクリックしてください。

PPSSPPは最初からキーボード/ゲームパッド/Xbox360コントローラーに対応していますので何も設定せずとも遊ぶことができますが好みに応じて設定しましょう。

作者推奨のコントローラー紹介

Windowsで使用できるコントローラーはすべて自動的に機能しますがその中でもXinputをサポートするコントローラーがPPSSPP公式により推奨されています。

初期化してカスタマイズ

PPSSPP キーの設定2

自分で完全にカスタマイズをしたいならば画面左上にある「全てクリアする」をクリックすると画像のようにまっさらな表記になり設定しやすくなります。

またボタン連射や速度の切り替え、一時停止やコマ送りも可能でステートセーブも登録しておくとPPSSPPを快適にプレイできると思います。

その他便利な機能
ステートセーブ F2
ステートロード F4
スロット切り替え F3
一時停止 P
停止 Ctrl + W

後処理シェーダの設定

PPSSPP 後処理シェーダの設定

続いて「後処理シェーダ」の設定へ移ります。後処理シェーダという単語だけではよく分からないかと思われますが例えばアンチエイリアシングのように後処理をほどこして描画方法を変更するPPSSPP独自機能です。

■アンチエイリアシングとは
デジタル特有のギザギザを解決する技術になります。いまあらためて振り返るアンチエイリアシングの歴史

使用するかもしれない機能の紹介
オフ 何も処理を施さないため軽い動作が特徴
FXAA Antialiasing 周囲の色と比較してエッジに合わせて中間色を採用するぼかしテク
※高画質化と処理のバランスをとると実質これ一択です
CRT scanlines 昔のブラウン管にあった走査線を再現するレトロ好き向けのテク
Sharpen シャーペンで描いたような絵画風の味付け
Cartoon アニメ調の味付け
Supersampling AA 内部ではより高解像度で描画したのち、ダウンスケーリングして表示するテク

レンダリング解像度

PPSSPP レンダリング解像度

最後に描画解像度を高めて綺麗に出力できる「レンダリング解像度」設定の紹介です。PPSSPPは解像度を高めれば高めるほど実機を超える高画質で遊べる代わりに処理が重くなります。

ネイティブ画質の1xを使用する場合はオンボードでも問題ありませんがグラフィックボードを積んでいるならば4xを目指すことをオススメします。

PSP描画解像度
1x 480×272
※PSP標準
2x 960×544
3x 1440×816
4x 1920×1082
※フルHD相当、バランス良好
5x 2400×1360
6x 2880×1632
7x 3360×1904
8x 3840×2176
※4K相当、超画質
9x 4320×2448
10x 4800×2720

他にも細かな設定はありますが高画質化プレイするには以上が完了すれば問題ありません。それではPPSSPPで快適なエミュレータライフを。

PSPソフト入手と各種エミュレータ解説

ニンテンドーDSに押され気味だったPSPは人気がいまひとつなことも影響してエミュレータ開発は2010年ごろまで停滞していました。

JPCSPの登場で市販ゲームもいくつか動作するようになりPSPエミュレータ界隈が一気に盛り上がったことも今では懐かしい思い出です。

PSPエミュレータ 完成度 BIOS プラグイン 日本語 RetroArch
 PPSSPP ★★★ 不要 不要 O O
PSPアイコン PSP Games エミュレータで遊ぶためのPSPソフトを入手
以下非推奨
 JPCSP ★☆☆ 不要 不要 X X
 D PSP Emulator ★☆☆ 不要 不要 X X
 PCSP ★☆☆ 不要 不要 X X
 YAUPSPE ☆☆☆ 不要 不要 X X
 Potemkin ☆☆☆ 不要 不要 X X
 Sam ☆☆☆ 不要 不要 X X
 PSPE ☆☆☆ 不要 不要 X X

ROMやBIOS管理の注意

ゲーム機本体からBIOSを吸い出すことやゲームソフトからROMイメージを吸い出して個人で遊ぶ方法は問題ありませんが不特定多数の人にROM/BIOSデータを配布することは禁止されており絶対にやらないでください。ダウンロードやアップロードも同様に手を出さないようお願いします。

また、心配される方もいますがエミュレータ本体には違法性はありませんので安心してください。

マリオ,ルイージ,ピーチ「エミュレータは安全です」
エミュレータ対応の実機コントローラー紹介
PCで使えるGCコン! ホリ製クラシックコントローラー
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。Switchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。連射機能を搭載しておりエミュレータに最適。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコン上で認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。エミュレータで遊ぶならDUALSHOCKシリーズ安定。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。