PCSX2メニュー説明

2010年02月05日

PCSX2のメニュー説明です。

ファイル
Run CD/DVD CD/DVDドライブからソフトを読み込みます。
ELFファイルを開く PS2の改造みたいなものでセーブデータを弄ることもできます。
クイックセーブ ステートセーブ、通称リアルタイムセーブです。
終了 PCSX2を終了するときに。
起動
実行 PS2のBIOS画面を起動します。
リセット 本体をリセットするのと同じ効果があります。
引数 実行パラメータを保存しておくショートカットみたいなものです。
プロセスの優先度 プログラムの優先度のことで基本は通常で問題ありません。裏で重い処理をしながらPCSX2を動かすことがよくあるなら「高」にすると優先的にCPUの処理を割り振られます。
設定
エミュレーション設定 本体の設定です。ここを調整することで画質を維持したまま高速化できます。詳しくは低速CPUでもPCSX2が豪快に動く設定
ビデオ グラフィックス関連のプラグインを調整できます。古い記事ですが初心者のためのPCSX2グラフィック設定講座を参考にしてください。
オーディオ ノイズが発生したときなどプラグインの調整をします。
コントローラー 手持ちのゲームパッドのボタンをここで割り当てます。
Dev9 Dev9とはPS2に接続するHDD専用ポートのことです。特に設定しません。
USB PS2についているUSBのエミュレーション機能のことです。特に設定しません。
FireWire PS2についているFireWireのことです。特に設定しません。
メモリーカード メモリーカードの設定です。
デバッグ
デバッガの起動 デバッガを起動します。主に開発者向け機能ですが不具合を見つけるときに使います。
メモリーダンプ 改造コードみたいなものです。
ログ PCSX2の動作ログ。

ROMやBIOS管理の注意

ゲーム機本体からBIOSを吸い出すことやゲームソフトからROMイメージを吸い出して個人で遊ぶ方法は問題ありませんが不特定多数の人にROM/BIOSデータを配布することは禁止されており絶対にやらないでください。ダウンロードやアップロードも同様に手を出さないようお願いします。

また、心配される方もいますがエミュレータ本体には違法性はありませんので安心してください。

マリオ,ルイージ,ピーチ「エミュレータは安全です」
エミュレータ対応の実機コントローラー紹介
PCで使えるGCコン! ホリ製クラシックコントローラー
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。Switchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。連射機能を搭載しておりエミュレータに最適。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコン上で認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。エミュレータで遊ぶならDUALSHOCKシリーズ安定。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。