ネオジオポケットエミュレータの解説評価 PC版

2010年02月03日

NGP(ネオジオポケット)格闘ゲームでお馴染みのSNKが販売した携帯型ゲーム機です。ボタンが十字キーではなくジョイスティック型なのが特徴。ゲームボーイの「BOY…少年」と差別化するための大人も取り入れた路線にしたが失敗。結果大赤字。通信ケーブルを利用して二人までの対戦を可能とした。

2010年の記事です。HTML→Wordpress移行作業中ですのでしばらくお待ちください。

NeoPop
ネオジオポケットエミュ: NeoPopの起動画面
性能:
★★★★☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows/Mac/Linux
機能:
サウンド/ゲームパッド/セーブステート/ネット対戦
NeoPopアイコン
●NeoPop公式サイト

NeoPopはゲーム動作数や再現性、また安定度がとても高いネオジオポケットエミュです。とくにグラフィックの画質やサウンドの再現性が他のエミュより飛びぬけているのが特徴でしょう。

バージョンアップするごとに動作処理が軽くなり、オプション項目も単純ですので初心者の方でも扱いやすいです。セーブステートにも対応しているのでいつでもゲーム中断することができますし、安定性はまだまだですがネット対戦も可能です。

実機のコントローラーで遊ぶ方法

今も人気なゲームキューブコントローラーやプレイステーション用のコントローラーなど。エミュレータで遊ぶなら実機のコントローラーが手に馴染みます。

パソコン対応の実機コントローラーまとめ
ゲームキューブコントローラー USB接続
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。連射機能を搭載しておりSwitchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコンでも認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。

Koyote
ネオジオポケットエミュ: Koyoteの起動画面
性能:
★★★☆☆
コスト:
フリーウェア
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド/セーブステート/ネット対戦
Koyoteアイコン
●Koyote公式サイト

Koyoteは動作に癖があるがグラフィックの再現性がとても高いネオジオポケットエミュです。起動時に一瞬フリーズしたかのようにフルスクリーンになるので注意してください。

ハードウェアとソフトウェアの描画方式をサクっと切り換えられることが特徴で、パソコンのスペック環境やゲームソフトによって切り替えることも可能です。スペックに余裕のある方ならソフトウェアをオススメします。

サウンドではプチプチノイズがのり若干不安ではありますが、どこでもセーブのできるセーブステートやまたネット対戦にも対応しています。


NeoPocott
ネオジオポケットエミュ: NeoPocottの起動画面
性能:
★★☆☆☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
セーブステート
NeoPocottアイコン

NeoPocottは多くのプラットフォームで動作するネオジオポケットエミュです。処理が軽くサクサク動作しますが残念ながらサウンドは出ません。またコントローラーにも対応していないので外部ツールを使う必要があります。

なぜかセーブステートに対応している。


L.A.M.E.?
性能:
★☆☆☆☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
なし
L.A.M.E.?アイコン
●L.A.M.E.?公式サイト

L.A.M.E.?は初期から存在した互換性の高いネオジオポケットエミュです。ゲーム動作数は多いですがサウンドや他の機能は対応していません。処理も比較的軽いため最近のパソコンであれば問題なく動作するでしょう。

ゲームソフト対応数は多いですがグラフィックの再現性はまだいま一つといったところで、コントローラーやセーブステートにも対応していないので普段はそれほど使わないかもしれません。