m64p(Mupen64Plus)のダウンロード方法と簡易導入

2020年02月11日

1) 公式サイトからエミュレータをダウンロードします。下記のリンク先へ飛んで少しスクロールしてWindows/Linux/Macから選択してください。https://github.com/loganmc10/m64p/releases

2) N64ソフトの吸い出し*専門知識
PS1/PS2のようなDVDドライブに挿入するだけで認識するハードとは異なりN64は吸い出す必要があります。下記のブログで手順を一つずつ詳細に解説されています。

3) 吸い出しが終わったらパソコンへデータを移して完了です。お好みのコントローラーを用意しましょう。

m64pのレビュー (Mupen64Plus)

起動画面
m64p起動画面
再現性 ★★★★☆
コスト フリーソフト(無料)
対応OS Windows/Linux/Mac/Android
推奨CPU Celeron G5900以上 (3.4GHz 2コア4スレッド)
AMD Athlon 3000G以上 (3.3GHz 2コア4スレッド)
推奨GPU AMDは内蔵GPUでサクサク動きます
※Intel内蔵GPUでも動くけど非推奨
ゲームパッド
機能性 フルHD/セーブステート/ネットプレイ
日本語 非対応
BIOS 不要
プラグイン 必要
RetroArch 対応
エミュ公式  m64p公式サイト

m64pはMupen64Plusを扱いやすくまとめたものでGUI化して簡単に起動できるようになりました。再現性が高いGLideN64プラグインも標準で付属されており最も完成度が高いN64エミュレータだと思います。

Mupen64シリーズは様々な種類が出回っているため混乱しますが全て一つにまとめられたこちらのm64pさえ抑えておけば解決です。
m64p = Mupen64Plus + GUI + GLideN64 + NetPlay

フルHDで描画することも可能でパソコンの必要スペックは若干高くなりますが実機を超えるグラフィック再現も実現可能になります。

標準でネットプレイ対応

再現性や互換性にある程度目処がたつと次に目指す機能としてネットプレイがあります。m64pも標準でネットプレイに対応してクラウドシステムを利用することで接続できます。

もちろん無料で利用可能でゲーム特化のチャットアプリDiscord:m64pに接続すればいつでもネットプレイしやすくなります。

ゲーム動作率には自信あり

正確な再現性に特化したParaLLElというエミュはRetroArchが必須で独特な操作感になっており単独で動作するこちらのm64pをオススメします。現存する中で最も高いゲーム動作率を誇ります

日本語非対応でプラグイン式なエミュレータなので初心者にハードルが高いかもしれませんが標準で同梱されているプラグインで特に問題なく遊べるとおもいます。

※各種設定方法は時間があれば作ります。