m64p更新 Vulkan/ワイドスクリーン対応

m64pの新バージョンv2021-06-13が2021年6月13日にリリースされたので変更点を見ていきましょう。

実機をはるかに凌駕する再現性を持つN64エミュレータとして名高いm64pは、ネットプレイなど便利な機能性や高い互換性を誇り現在一番注目されています。

N64エミュレータ 完成度 BIOS プラグイン 日本語 RetroArch
m64pアイコン m64p
(Mupen64Plus)
★★★ 不要 必要 X O
ParaLLelアイコン ParaLLEl ★★★ 不要 不要 O O
Project64 Netplayアイコン Project64 Netplay ★★☆ 不要 必要 O X
N64ゲーム機アイコン N64 Games エミュレータで遊ぶためのN64ソフトを入手

2021-06-6変更点を翻訳

GLideN64がParaLLEl-RDPに置き換えられました

  • m64pにParaLLEl-RDPを組み込みVulkanに対応しました。これを利用するにはIntel GPUの場合はSkylake以降のプロセッサを、Nvidiaの場合はKeplerシリーズ以降である必要があります。またAMDの場合は未調査のため分かりません。
  • デフォルト設定ではParaLLEl-RDPはネイティブ解像度で表示します。これを変更するには【コアとビデオの設定】→【ParaLLElビデオ】→【アップスケーリング】へ移動して1の値を2や4に変更してください。

これは環境が整っている一部の人にとって最高のニュースであり高画質化を実現できるようになりましたが、古いPCを使っている人にとってはガッカリすることでしょう。

多くのN64エミュレータはプラグインで複雑な作りになっており、それらを軽減して誰でも楽しめるエミュレータを作成しようと私は目指していることです。

GLideN64 replaced with ParaLLEl-RDP

2021-06-13変更点を翻訳

ワイドスクリーンサポート

  • PI/RSP DMAのエミュレーション精度を高めました。
  • ParaLLElにあるワイドスクリーンのサポートを実装しました。テレビ画面を強制的に16:9にするのと同等なのでワイドスクリーンに対応しているゲームでのみ使用できます。※通常の4:3ゲームで使用すると映像が引き延ばされます。

June 13 – widescreen support

ROMやBIOS管理の注意

ゲーム機本体からBIOSを吸い出すことやゲームソフトからROMイメージを吸い出して個人で遊ぶ方法は問題ありませんが不特定多数の人にROM/BIOSデータを配布することは禁止されており絶対にやらないでください。ダウンロードやアップロードも同様に手を出さないようお願いします。

また、心配される方もいますがエミュレータ本体には違法性はありませんので安心してください。

マリオ,ルイージ,ピーチ「エミュレータは安全です」
エミュレータ対応の実機コントローラー紹介
PCで使えるGCコン! ホリ製クラシックコントローラー
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。Switchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。連射機能を搭載しておりエミュレータに最適。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコン上で認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。エミュレータで遊ぶならDUALSHOCKシリーズ安定。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。