Cxbx-Reloadedのダウンロード方法と簡易導入

2020年12月08日

  • Cxbx-Reloaded公式サイトのダウンロードページからエミュレータ本体をダウンロードします。
    1週間に1回は更新されるので定期的に見に行きましょう。
  • こちらはBIOS不要なのでゲームソフトだけあれば遊ぶことができます。
  • ファイルを解凍してcxbx.exeを起動したらDVDドライブからゲームソフトを挿入します。
  • 読み込み速度を早くしたい、または同時にいくつも管理したいときはDVD吸出しツールを使うとパソコンに保存できます。

Cxbx-Reloadedのレビュー

Cxbx-Reloadedの起動画面

再現性 ★★☆☆☆
コスト フリーソフト(無料)
対応OS Windows
推奨CPU Intel Core i3 10100以上 (3.6GHz 4コア8スレッド)
AMD Ryzen 5 3500以上 (3.6GHz 6コア6スレッド)
推奨GPU NVIDIA GeForce GTX 1050以上
※2Dや軽い3DゲームならAPUでも可
メモリー 8GB以上
機能性 セーブステート
日本語 非対応
BIOS 不要
RetroArch 非対応
エミュ公式  Cxbx-Reloaded公式サイト

2011年ごろに中断されていた初代Cxbxを受け継いで十数人のチームによって開発進行しているXboxエミュレータです。分かりやすく名称をCxbx-Reloadedに変更されました。

公式発表の動作リストによるとXboxのゲームソフトのうち12.7%がほぼ完ぺきな再現性を可能とし、40.9%が遊べるレベルにまで進化しています。2021年現在も頻繁に更新されていて更なる成長に注目です。待ち遠しくありますね。

お金の力は偉大なんです

最初はこちらのチームも解析に手を焼いて難しい雰囲気が漂っていましたが流れが変わったのは2017年です。たくさんの寄付金により支援を受けて今まで不可能だったことができるようになり開発速度が10倍に跳ね上がりました。(開発チームによると14年かかる作業が1年で完了したとのこと)

単純にゲームソフトを買いそろえるだけでも膨大なお金が必要になりますから、エミュレータの開発は時間とお金が非常にかかる趣味性の強いボランティア作業なんです。少数での開発は限界がありますからできる範囲での支援をしていきたいですね。

※各種設定方法は時間があれば作ります。