3DO Realエミュレータ PC版

2010年02月03日

3DOソフトの入手とエミュ機能解説

3DO Realは登場する時代が10年ほど早すぎたと言われるように認知度も低く開発者も少ない状態です。今でもエミュレータ開発されてはいますが実質一つとなります。

3DOエミュレータ 完成度 BIOS プラグイン 日本語 RetroArch
FreeDoアイコン FreeDO ★★☆ 不要 不要 X X
3DOゲーム機アイコン 3DO Games エミュレータで遊ぶための3DOソフトを入手

FreeDOの解説評価

起動画面
性能 ★★★★☆
コスト フリーソフト
対応OS Windows
機能 サウンド/ゲームパッド/ステートセーブ
エミュ公式 FreeDO公式サイト

FreeDOは唯一の3DOエミュレータです。動作させるだけならほとんどの3DOソフトに対応していますが、再現性はまだ調整中とのことで完成が待ち遠しい出来となっております。

起動するには3DO実機BIOSイメージが必須になっており用意してないと何度も読み取りウィンドウが立ち上がるため注意してください。コントローラーに対応していますが少々厄介でレジストリーを設定することになるので初心者にはオススメしません。

HKEY_CURRENT_USERSoftwareFreeDOFreeDO Emulator
この場所にエミュレータに関するキー設定が保存されています。見た感じでどこのキーになるかはなんとなく分かりますが16進数になっておりそのまま入力しても認識しません。

「16進数 キーボード」などのキーワードでグーグル検索してください。キー設定さえしてしまえばJoy To Keyといった支援ツールによりコントローラーでエミュレータを遊ぶことが出来ます。

3DO Realの成り立ち

3DO Real(スリーディーオー)は1993年にエレクトロニック・アーツ社が開発したゲーム機で日本では1994年に松下電器より販売された。今でこそBattleFieldで有名になったEAですが当時は知る人も少なく32ビットの性能といえどもコストが高かったためソフトもユーザーもついていくことができなかった。

3DOの考えは「高性能なハードがあればソフトが勝手についてくる。」任天堂の考えは「ゲームソフトに合わせたハードがある。」
この違いですね。結果、値下げに値下げを重ねても売れることが無く3DOはプレイステーションやN64に敗北して撤退しました。

高性能ハードだったのには理由があり、当時としては珍しい考え方で「マルチメディアとしても使ってもらおう」としたわけですが時代がそこまで3DOに求めていなかった。ゲームの内容はコナミやカプコンが出している日本向けのもありますが多くは「洋ゲー」と言われるソフトです。

ROMやBIOS管理の注意

ゲーム機本体からBIOSを吸い出すことやゲームソフトからROMイメージを吸い出して個人で遊ぶ方法は問題ありませんが不特定多数の人にROM/BIOSデータを配布することは禁止されており絶対にやらないでください。ダウンロードやアップロードも同様に手を出さないようお願いします。

また、心配される方もいますがエミュレータ本体には違法性はありませんので安心してください。

マリオ,ルイージ,ピーチ「エミュレータは安全です」
エミュレータ対応の実機コントローラー紹介
PCで使えるGCコン! ホリ製クラシックコントローラー
任天堂のライセンスを受けて作られたホリ製クラシックコントローラーです。Switchに限らずUSB接続することでパソコン上(Xinput)でも認識します。連射機能を搭載しておりエミュレータに最適。
PS4コントローラー USB接続
BlurtoothもしくはUSB接続することでパソコン上で認識します。デュアルバイブレーション、加速度・重力感覚、ジャイロセンサー搭載。エミュレータで遊ぶならDUALSHOCKシリーズ安定。
Xbox 360コントローラー USB接続
USB接続することでパソコン上でも認識します。もちろんPCゲームやエミュレータでも利用可能。公式のゲーム大会では有利すぎると使用禁止になった最強のゲーミングコントローラー。